広告付きSVOD(定額制動画配信) 35.6%が興味を持つが「加入したい」はわずか3.2%――GEM Partners調査今日のリサーチ

広告が付くことでSVOD(定額制動画配信)が通常より安価に提供されるプランが注目されています。GEM Partnersはこのようなプランの認知、加入意向、許容できる制限に関する消費者意識を調査しました。

» 2022年12月18日 12時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 エンターテインメント業界向けにデータ×デジタルマーケティングサービスを提供するGEM Partnersは、映像コンテンツの利用実態に関する分析レポート「動画配信/放送/ビデオソフト市場 ユーザー分析レポート」の2022年11月調査版を2022年12月9日に発行しました。

 同レポートでは、コンテンツの視聴前または視聴中に広告を併せて視聴することで通常よりも安価でSVOD(定額制動画配信)を提供するプランに対する追加の意識調査を行っています(特定サービスにおけるプランではなくSVODサービス全般において仮に導入された場合を想定して調査)。

 調査は2022年11月5〜9日に実施。日本在住の15〜69歳の男女1万9634人が回答しました。SVODサービスの広告付きプランの概要を説明した上で同サービスを「知っている」「知らない」の2択で聞いたところ、「知っている」と回答した人は44.8%と、半数をやや下回りました。しかし、回答者をSVODユーザーに絞ると、認知者は52.9%と半数を超えることが分かりました。一方、SVODを利用していない非SVODユーザーの場合、サービス認知者の割合は39.9%となりました。

広告付きSVODの認知(出典:GEM Partners、以下同)

許容できる制限と許容できない制限

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション