フリーランス市場の需要トレンド 「動画編集」他、マーケティング関連業務の発注数が急増――ランサーズ調査今日のリサーチ

働き方の多様化や副業を認める企業が増えていることなどを背景に、フリーランスで働く人たちが注目されています。

» 2022年10月06日 18時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 フリーランスマッチングプラットフォーム「Lancers」を運営するランサーズはこのほど、Lancersにおいて集計したコロナ前後の「フリーランス市場の需要トレンド」を公開しました。ここでは、2019年と2021年のフリーランス向けの職種カテゴリーのうち、発注数と案件の平均報酬額を抽出・比較して増加率が大きいものをランキングにしています。

 結果、発注数の増加率が最も大きかったのは「動画編集」で増加率は189%でした。コロナ禍でYouTubeやTikTokなど動画コンテンツが人気となったこと、WebサイトやWeb広告などに動画を利用するケースが増えたことが背景にあるようです。

 トップ10は以下の通りです。

コロナ前後の職種カテゴリー別の発注数増加トップ10(出典:ランサーズ、以下同)

平均報酬額の増加率では「企画・PR」がトップに

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.