有料動画配信の利用率は32.1%に伸長 「ディズニープラス」の認知度が前年比6ポイント増今日のリサーチ

フィールドワークスと映像メディア総合研究所が毎年6月末に実施、今回で7回目となる有料動画配信サービスに特化した調査レポートです。

» 2022年09月08日 13時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 映像コンテンツのマーケティング事業を手掛けるフィールドワークスと映像メディア総合研究所は、有料動画配信サービスの利用者1600人を含む約5000人を対象に、定額制見放題(SVOD)、都度課金制レンタル(TVOD)、デジタルデータ購入(EST)の3つの有料動画配信サービスの利用動向を調査しました。同調査は毎年6月末に実施、今回で7回目となります。

 今回の調査結果によると、有料動画配信の利用率は前年比3.2ポイント増加し、32.1%に達しました。中でもSVODは同3.8ポイント増加の28.4%と、有料動画配信の利用拡大をけん引していることが分かりました。

有料映像サービスの利用率(出典:映像メディア総合研究所、以下同)

「Amazonプライム・ビデオ」の利用率が2割超え

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.