調査リポート
» 2022年06月24日 18時00分 公開

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査今日のリサーチ

ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入したいという気持ちになるようです。もっとも「言うは易し、行うは難し」。成功のポイントは?

[ITmedia マーケティング]

 Oracleの「Oracle Fusion Cloud Customer Experience 」部門と「The New York Times」のベストセラー作家兼ポッドキャスターであるグレッチェン・ルービン氏が発表した調査レポート「Oracle CX Happiness Research Study」は、「ユーモアを取り入れたブランドはロイヤルティ−が高まる」という興味深い事実を明らかにしました。

 Oracle日本法人の日本オラクルは2022年6月17日、同調査に関して記者向けの説明会を実施。本稿では、そこで語られた日本オラクル理事の竹内尚志氏(クラウド・アプリケーション事業統括 CXソリューション・エンジニアリング事業本部)による考察を紹介します。

ユーモアのつもりがダダすべりの残念な顧客体験を回避するには?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.