調査リポート
» 2022年03月25日 11時00分 公開

買い物の起点は「ウォールドガーデン」の外 小売業者/ブランドのWebサイトがAmazonやGoogleを上回る今日のリサーチ

Criteoのレポート「ショッパーストーリー2022」によると、小売業者/ブランドのWebサイトが購入の意思決定に与える影響が拡大しているようです。

[ITmedia マーケティング]

 Criteoは日本の消費者1045人を対象にショッピング動向や広告の好みについての調査を実施し、その結果をまとめたレポート「ショッパーストーリー2022」を公表しました。

 同レポートで明らかになったトレンドの一つが「ショッピングジャーニーのハイブリッド化」。つまり、消費者が商品を購入するまでのプロセスがオンラインとオフラインを横断したより複雑なものになっているということです。「オンラインで商品を閲覧してから店舖でそれを購入している」人は68%、店舗で商品の実物を見てからオンラインで購入すると回答した人はの72%に上りました。それぞれの数字は2019年と比較して大幅に上昇しています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大などを背景にオンラインショッピングの利用が増える中、実店舗はなお存在感を維持していることが分かります。

消費者のショッピングジャーニーは、ますますハイブリッド化(出典:Criteo、以下同)

コマースメディアの影響力が拡大

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.