連載
» 2022年03月04日 10時00分 公開

Amazonが広告事業でも“そろそろ本気出す” FacebookとGoogleの2強が青ざめる理由Marketing Dive

Amazonの広告サービスは、第4四半期に97億ドルの収益を上げ、前年比で32%の増収になった。広告サービスの収益が独立したセグメントとして発表されるのは初めてのことだ。

[Peter Adams,Marketing Dive]
Marketing Dive

 決算発表によれば、Amazonの広告サービスは、第4四半期に97億ドルの収益を上げ、前年比で32%の増収になった。同社が広告販売の業績を切り分けて発表したのは今回が初めてで、これまでは最大のシェアを占める「その他」のセグメントに含まれていた。

 Amazonの広告収入は通年で約311億5000万ドルだった。収益の大半を占めるのは「スポンサー広告」。検索結果を含め、AmazonのEコマースプラットフォームの希望の場所に製品を表示する広告商品だ。

Amazonの中でも広告事業が最も高速で成長するビジネスの一つに

© Industry Dive. All rights reserved.