ニュース
» 2022年02月17日 20時00分 公開

QualtricsのXM(エクスペリエンス管理)プラットフォームの試用版を日本情報通信が提供CXとEXを両立

クアルトリクスのパートナー企業でありユーザー企業でもある日本情報通信が、エクスペリエンス管理プラットフォームに関する知見を生かして試行環境から本格利用までスムーズな移行を支援する。

[ITmedia マーケティング]

 日本電信電話(NTT)と日本アイ・ビー・エムの共同出資子会社である日本情報通信(以下、NI+C)は、SAP傘下Qualtrics日本法人のクアルトリクスが提供するカスタマー エンゲージメント管理ソフトウェア「Qualtrics CustomerXM」および従業員エンゲージメント管理ソフトウエア「Qualtrics EmployeeXM」を試用できるサービスとして、「NI+C XM トライアル」の提供を開始した。

 クアルトリクスはオンラインアンケートを軸にしたエクスペリエンス管理(XM)プラットフォームを提供しており「顧客」「従業員」「ブランド」「プロダクト」の4分野の体験向上をサポートする。

 NI+Cは、テレワークで変化する顧客や従業員とのコミュニケーション方法を継続的に改善するため、2020年1月より「Qualtrics CustomerXM」および「Qualtrics EmployeeXM」を自社で導入しており、2021年4月からはクアルトリクスの正規ビジネスパートナーとなっている。

サービスの狙い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.