調査リポート
» 2022年02月17日 06時00分 公開

世界のB2C企業は「カスタマーエンゲージメント」にどう取り組んでいるのか今日のリサーチ

Brazeがまとめた「2022 グローバルカスタマーエンゲージメントレビュー」から、世界のB2C企業のカスタマーエンゲージメントへの取り組み動向を紹介します。

[ITmedia マーケティング]

 カスタマーエンゲージメントプラットフォームを提供するBrazeは、世界14カ国の大手B2C企業のマーケティングエグゼクティブを対象に実施した調査の結果やBrazeの顧客データ、5つ業界の顧客事例を基に「2022 グローバルカスタマーエンゲージメントレビュー」と題するレポートを発表しました。

 同レポートの発表は前年に続き2度目。カスタマーエンゲージメントへの取り組み動向の変化、カスタマーエンゲージメントが売り上げに与える影響などについてまとめています。注目すべきトレンドは以下の3つです。

  1. ファーストパーティーデータ/ゼロパーティーデータへの継続的な移行
  2. データ管理が最重要課題に
  3. カスタマーエンゲージメント能力へのブランドの自信が高まり、よい結果を生む

1. ゼロパーティー/ファーストパーティーデータへの継続的な移行

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.