調査リポート
» 2022年01月11日 12時00分 公開

「顧客の期待に応えられていない」企業が4割も――電通デジタル調査今日のリサーチ

コロナ禍で、DXがさらなる全社重要課題となっています。

[ITmedia マーケティング]

 電通デジタルは2021年度版「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション調査」の結果を発表しました。同調査は2017年から実施しており、今回は5回目。従業員数500人以上の国内企業所属者3000人を対象に、デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)の取り組み状況や課題、新型コロナ流行によるDXへの影響などについて聞いています。 

 今回の調査結果によると、企業におけるDXの必要性はますます高まっているようです。すでにDXに着手していると回答した企業は81%。前年比で7ポイント、新型コロナ流行前の2019年との比較では11ポイントも高くなっています。「新型コロナの影響により自社のDXへの重要度が高まった」と回答した企業も65%に上りました。

DXの取り組み状況(出典:電通デジタル、以下同)
新型コロナによるDXの重要度の変化

 企業がコロナ禍でDXを急ぐ背景の一つには危機意識もあるようです。自社が「消費者や顧客の期待に自社が応えられていない」と回答した企業は39.2%と、4割近くにも上りました。

変化する消費者や顧客の期待に応えられていると思うか

顧客の期待に応えられている企業とそうでない企業の違いは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.