調査リポート
» 2021年12月27日 16時00分 公開

アフターコロナの行動 「コロナ禍前の生活に戻していきたい」はわずか3割――野村総合研究所調査今日のリサーチ

アフターコロナの行動回帰に関する意識調査。

[ITmedia マーケティング]

 野村総合研究所は「コロナ禍における生活やビジネスの意識動向に関する調査」の結果を発表しました。

 調査はワクチンの接種が進んだことなどで感染拡大が落ち着きを見せた2021年11月26、27日に実施。全国20〜79歳の男女合計5156人を対象に今後、自身の生活をどのようにしていきたいかを聞いたところ、「コロナ禍前の生活に戻していきたい」は30.8%にとどまりました。最も多かった回答は「ある程度はコロナ禍前の生活に戻したいと思うが、完全には戻さないと思う」(60.7%)でした。同じ質問をコロナワクチン接種済の人に限って聞いても、「ある程度はコロナ禍前の生活に戻したいと思うが、完全には戻さないと思う」が62.9%で最多となっており、「完全には戻さない」が最も多い傾向は変わりません。

コロナ禍後も生活を完全には戻さない人が多数(出典:野村総合研究所、以下同)

「オンラインでの打ち合わせ・商談」が増える人は3割

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.