連載
» 2021年12月06日 08時00分 公開

SNSはオワコン? 世界平均の利用時間に頭打ち感ほぼ週刊インフォグラフィックス

メンタルへの影響、政治利用やプライバシー問題など逆風のさなか、ついにSNSは「終わりの始まり」を迎えたのでしょうか。

[津乗学,スタティスタ・ジャパン]

 スウェーデンの精神科医であるアンデシュ・ハンセン氏の著書「スマホ脳」(新潮社)が2021年のベストセラー新書として再度注目を集めています。電車通勤のお供といえばスマホという方も多いことでしょう。そして、電車とスマホの組み合わせといえば「SNSの閲覧と書き込み」がいまだに日本の定番でもあります。

 Statista Digital Economy Compass(外部リンク/英語)によると、2021年の1日当たりのソーシャルメディア利用時間は世界平均で142分。2012年が90分だったことを考えれば、私たちが日常生活の中でSNSに割く時間ははるかに大きくなっていると言えます。

 が、成長率の観点でいえば、さすがに緩やかになってきていることは否めません。特にこの3年に限っては頭打ちの傾向が表れています。下記のインフォグラフィックをご覧ください。

(出典:Statista)

SNS離れが加速? それともコミュニティーは「メタバース」へ移行?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.