ニュース
» 2021年11月18日 08時00分 公開

電通と電通デジタル、複数メディアを統合的にモニタリングするマーケティングダッシュボード「MIERO」を提供企業のマーケティング高度化と持続的な事業成長を実現

企業の持続的な事業成長に貢献する統合マーケティングダッシュボード。第一弾としてテレビ・デジタル動画統合管理ダッシュボード「MIERO Digi×TV」をローンチ。

[ITmedia マーケティング]

 電通と電通デジタルは、複数メディアの統合モニタリングと運用およびマーケティングデータの統合利用を可能にするダッシュボード「MIERO(ミエロ:Marketing Integration Effect Reading & Operation))の提供を開始した。これまで提供してきたデジタル広告モニタリングシステム「EASI Monitoring」およびテレビCM効果可視化システム「レスポンスコネクター」もここに統合される。

 第一弾のサービスとして、テレビCMとデジタル動画広告の統合管理とマーケティング統合分析を実行するダッシュボード「MIERO Digi×TV(ミエロ・デジテレ)」もローンチした。ここでは、テレビとデジタル動画を1つのメディアと解し、両者を統合したリーチを算出できる。また、地域、性別、年代ごとのリーチの可視化を日時単位で実施できるようにする。これにより、テレビ・デジタル双方の運用効率化とマーケティング戦略における迅速な意思決定をサポートする。導入は電通と電通デジタルの各部門が連携し、データ管理からPDCAの実施までワンストップで提供。

(出典:電通)

今後の機能拡張予定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.