調査リポート
» 2021年11月12日 08時00分 公開

「ポイ活」「リテール広告」に注目 LBMA Japanが位置情報マーケティングサービスのカオスマップを公開今日のリサーチ

位置情報は今後、マーケティングにどう活用されていくのでしょうか。

[ITmedia マーケティング]

 位置情報を活用したマーケティングやサービスを展開する43社が加盟する一般社団法人LBMA Japan(ロケーションベースドマーケティングアソシエーションジャパン)は2021年11月5日、独自調査を基に作成した位置情報マーケティングサービスの「カオスマップ2021年版」を公開しました。

 それによると、移動するだけでマイルやポイントがたまる「ポイ活」サービスや、位置情報と小売業の購買データとを掛け合わせた「リテール広告」が新たなサービスとして注目され、今後の普及・拡大への期待が高まりつつあるようです。とくにリテール広告については、「データの掛け合わせによる新たなメディアビジネス」であると同時に、消費者の購買意向にマッチした販促広告手法としても、今後の成長が期待されています。

位置情報マーケティング・サービス カオスマップ(2021年11月)(出典:LBMA Japan)

位置情報の社会的活用も広まる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.