連載
» 2021年09月01日 08時00分 公開

Google アナリティクス最新バージョン「GA4」はWeb解析業務をどう変えるのかCMOのためのデジタルトレンド解説

マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパートが毎月リレー形式で解説。初回は「GA4」をテーマにお届けします。

[木田和廣,プリンシプル]

 Googleは2020年10月21日、β版として提供していた「アプリ+Webプロパティ」というGoogle アナリティクスのバージョンを「Google アナリティクス 4 プロパティ」(以下、GA4)と名称変更し、製品版として正式にローンチしたことを発表しました(外部リンク)。結果として、これまで多くのGAユーザーが利用してきたバージョンである「ユニバーサルアナリティクス」(以下、UA)は最新版ではなくなりました。

 後述しますが、GA4は、慣れ親しんでいたUAとは多くの点で異なることから、利用者であるWebマーケティング担当者は、戸惑いながらもGA4の活用法を何とか見いだそうとしている状態です。

 本稿では、そうした現場レベルの戸惑いとは別にGoogleがGA4を投入した意図を推測し、そこから企業のマーケティング部門を統括するトップ(CMO:最高マーケティング責任者)が学ぶべきことを考察してみます。

GA4の特徴

 GA4の特徴をUAと対比したのが以下の表です。CMOレベルでは細かな仕様の詳細を知る必要はないと思いますが、従来のGoogle アナリティクス(UA)と最新版のGoogle アナリティクス(GA4)が大きく異なることは理解できるかと思います。筆者は2004年よりWeb解析業界で仕事をしており、各時代のGoogle アナリティクスをつぶさに見て利用してきました。今回のUAからGA4への変化は、Google アナリティクス15年強の歴史の中で最も大きいものといえます。

GA4とUAの違い

 各種の変化を一言でまとめると、「ユーザー軸での分析の強化」ということになります。主に関連するのは「ユーザーの識別」です。アプリとWebの統合分析が可能になったこと、レポートのモデルが収益化だけでなく顧客維持までをカバーするようになったことなども、ユーザー軸での分析の強化に当たります。

 具体的には何が違うのか。以下のユーザーの振る舞いがあったときUAとGA4でそれぞれどのようにどのようにレポートされるのか、見てみましょう。

ユーザーAがスマートフォンでSNSを見ているときに出てきた広告をクリックし、あるWebサイトを初めて訪問した。だが、出先で慌ただしかったためページを開いただけで内容の熟読までは至らなかった。後日、PCでそのWebサイトを自然検索して再訪問し、コンバージョンした。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.