ニュース
» 2021年08月26日 21時00分 公開

ブイキューブ、バーチャル空間型イベントプラットフォーム「Touchcast」を提供開始リアルイベントのような没入感

コロナ禍においてイベントのオンライン開催が日常となった中で、既存サービスにない独自性の高いイベントを配信可能に。

[ITmedia マーケティング]

 映像コミュニケーションサービスを提供するブイキューブは、米国初のバーチャル空間型イベントプラットフォーム「Touchcast(タッチキャスト)」の国内独占販売を2021年8月26日より開始した。

 TouchcastはMR(Mixed Reality:複合現実)技術によるバーチャル空間セットを作り込み、登壇者(実写)のプレゼンテーションをより魅力的にする演出をリアルタイムに加えながらライブ配信できるサービス。登壇者も参加者もインターネットがあればどこからでも参加でき、登壇者と参加者、参加者同士の双方向コミュニケーションも可能だ。

「Touchcast」によるイベントイメージ

 Touchcastは米国のTouchcastが提供するサービスで、Fortune 500企業をはじめ多くの企業が導入している。4日間開催で同時10トラック最大300以上セッションのグローバルでの大規模イベントの開催実績がある。

 Touchcastの技術とブイキューブが培ってきたオンラインイベントの配信サポート、運用ノウハウ、スタジオを活用し、顧客企業のオンラインイベント成功への貢献を目指す。 「Touchcast」の具体的な特長は以下の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.