調査リポート
» 2021年08月23日 17時00分 公開

「インサイドセールス」「カスタマーサクセス」職の求人が2年半で約7.4倍に増加――パーソルキャリア調査今日のリサーチ

営業の分業体制によって生まれ、これからの時代に需要が高まると予想される“新しい時代に求められる営業職”に関する調査です。

[ITmedia マーケティング]

 パーソルが運営する転職サービス「doda」は、20〜40代のdoda会員(営業職経験者)362人を対象に、「“新しい時代に求められる営業職”に関する調査」を実施しました。ここでいう“新しい時代に求められる営業職”とは、電話やメール、ビデオ会議システムなどを用いて見込み客の獲得から商談設定・受注までを行う「インサイドセールス」や購入・契約後のフォローを通じて、自社サービスの価値を最大限に引き出せるよう継続的に顧客を支援する「カスタマーサクセス」などの職種を指します。

 「doda」に掲載されているこれらの職種の求人掲載数を2019年1月と2021年7月で比較すると、掲載数は約7.4倍に増加していることが分かりました。営業職全体はほぼ横ばいのため、これらの職種が特に増えていることが分かります。また、求人1件当たりの応募数を比較すると、2021年7月では“新しい時代に求められる営業職”の求人の方が、営業職全体の求人よりも約1.3倍応募数が多くなっています

(出典:パーソルキャリア、以下同)

営業職経験者の理解は不十分

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.