ニュース
» 2021年06月17日 12時00分 公開

「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ 実店鋪とネットショップのデータを一元管理可能に中小店舗&ネットショップのDXを支援

ヘイの「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ「STORES レジ」が加わった。新サービスの特徴と利用店舗にとっての意義とは。

[ITmedia マーケティング]

 商品の販売状況をリアルタイムで管理できるPOS(Point Of Sales:販売時点情報管理)システムは会計業務の効率化に加えて商品情報や顧客情報を含むデータの一元管理を可能にしてくれる。故に店舗を持つ事業者には強力な武器になるが、従来の据え置き型のレジスターは導入コストも高く、小規模事業者には手が出しにくい。そこで昨今、タブレットなどにダウンロードして使うPOSレジアプリが注目されている。TwitterのCEOでもあるジャック・ドーシー氏のSquareが提供する「Square POSレジ」やリクルートの「Airレジ」などが有名だ。この市場に新たに参入したのが、「STORES(ストアーズ)」ブランドでネットショップ開設やネット予約、キャッシュレス決済などのSaaSを中小ビジネス向けに提供するヘイだ。ヘイは2021年6月15日、新たにPOSレジアプリ「STORES レジ」の提供を開始したと発表した。

スモールビジネスでも実店舗とネットショップの両立が必須に

ヘイ取締役CPOの塚原文奈氏

 昨今、あらゆる企業でデジタルトランスフォーメーションが叫ばれ、EC化率が急速に高まっている。STORESの各サービスはアンジャッシュ児嶋一哉さんが出演するテレビCMも展開しているが、CMで強調しているように、STORESが目指すのは「お店のデジタル化支援」だ。ヘイ取締役CPO(チーフプロダクトオフィサー)の塚原文奈氏は「コロナで実店舗の売り上げが下がる中でスモールビジネスでもマルチチャネル化が進んでいる」と語る。

 ヘイが2021年6月に実店舗オーナーと従業員を対象として実施した独自調査では、ネットショップも運営しているとする回答が65.3%、今後運営する意向があるとする回答を含めると82%が店舗とネットショップの両立に前向きであることが分かっている。

実店舗とネットショップの両立が進む(出典:ヘイ、以下同)

二重管理を解消するための考え方

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.