調査リポート
» 2021年06月10日 12時00分 公開

デジタル広告不正の内容理解は4割にとどまる――デロイト トーマツ調査今日のリサーチ

問題意識はあるものの理解は浅く、取り組みもまだ不十分というのが現状のようです。

[ITmedia マーケティング]

 デロイト トーマツ グループは、広告活動を行っている従業員規模5000人以上の企業を対象とした「広告取引に関する広告主実態調査2020」の結果を発表しました。

 デジタル広告の配信技術の高度化とブラックボックス化によって広告主が意図しない不正や問題が発生しています。デジタル広告不正についての認知度について確認したところ「どんな不正なのか、その内容までよく知っていた」と回答した人はわずか10.5%。「どんな不正なのか、概略は知っていた」(30.0%)まで合わせても、内容を理解している回答者は全体の40.5%にとどまりました。

64.5%の広告主企業がデジタル広告不正という言葉を認知するも、内容理解は半数以下(出典:デロイト トーマツグループ、以下同)

最も対策意識が高いのは「ブランドセーフティー問題」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.