ニュース
» 2021年06月09日 18時00分 公開

BOPIS(EC注文&店頭受取)導入支援サービス 電通テックなど3社が提供開始小売業のマーケティング支援

3社でシステム導入と販促・バックヤード業務を総合支援。

[ITmedia マーケティング]

 電通テックは、電通リテールマーケティングおよびジーエルシーと合同で、スーパーマーケットや総合スーパーなどの小売・流通業界に向けて、オンライン(EC)で商品を注文して店頭で受け取るサービス「BOPIS(Buy Online Pick-up In Store)」導入支援サービスを提供開始した。

BOPIS導入サポートソリューションについて

 小売企業への販促施策を多く手掛けてきた電通テックがその知見を生かし、顧客プロモーションや顧客アプリのメディア化・収益化を支援。一方、同社子会社である電通リテールマーケティングが店頭オペレーションのナレッジ提供や人材育成・派遣などのバックヤード業務を支援する。AIなどの先端技術を活用したデジタル化ソリューションを提供するジーエルシーは、BOPIS導入に必要なシステムやハードを提供する。

eBook 無料ダウンロード

コロナ後の小売業の新潮流「BOPIS」とは何か(無料eBook)

コロナ禍で他人との接触をできるだけ回避することが求められ、人々の消費行動も大きく様変わりしています。かつて実店舗の補完的な存在でしかなかったオンラインストアは今や人々の買い物に欠かせなくなりました。そうした中、米国で急増しているのがBOPIS(Buy Online Pick-up In-Store)です。オンラインで購入したものを店舗で受け取る形でのチャネル連携は日本でも進むのか、要注目です。
(右の画像をクリックしてダウンロード)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.