ニュース
» 2021年06月04日 13時00分 公開

横山隆治氏がCCCマーケティングのエグゼクティブ・アドバイザーに就任日本のインターネット広告の礎を作った立役者

企業のDXに寄与し、マーケティング課題解決から経営戦略の策定を支援。

[ITmedia マーケティング]

 CCCマーケティングは2021年6月4日、横山隆治氏が「エグゼクティブ・アドバイザー」に就任したと発表した。横山氏は1996年にデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)を起案設立して代表取締役社長を務めて以降、ADKインタラクティブやデジタルインテリジェンスなどを設立し、日本におけるインターネット広告の普及に努めてきた。

 CCCマーケティングは日本全国7000万人を超えるT会員のオンライン/オフラインの購買・行動データを保有する。これを基に、横山氏のマーケティング領域における豊富な知見と経験を生かし、メーカーや流通などさまざまな企業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)に寄与し、マーケティング課題解決から経営戦略の策定まで支援することを目指す。

横山隆治氏

 CCCマーケティングは、今後、さまざまなエグゼクティブ・アドバイザーと共に、変動性、不確実性、複雑性、そして曖昧性を見せる社会と向き合いながら、膨大なデータで変化を確実に捉え、新たな価値に変換し、多くの企業の経営戦略支援とマーケティングの課題解決、生活者や社会に向けた本質的な価値創出に取り組む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.