特集
» 2021年05月27日 10時00分 公開

「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」 大ヒットを確信させたマーケティングリサーチの舞台裏「n=1」から始める深いインサイト発見

アサヒビールのマーケティングチームは話題の「泡の出る缶」を市場に投入するに当たり、どのように消費者の声を聞いてきたのか。マーケティング担当者と調査を担当したマクロミルに、開発の過程で実施した定性調査・定量調査の裏側を聞いた。

[指田昌夫,ITmedia]

 天面が大きく開く今までにないスタイルの缶ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」。2021年4月6日に全国のコンビニ限定で販売を開始すると、ほとんど宣伝をしていなかったにもかかわらず、発売直後から売り切れが続出。そのため、すぐに販売を停止せざるを得ない状況になった。4月20日からの全国販売開始後も想定をはるかに超える注文が入り、4月中の販売予定数量をあっという間に売り切った。まさに「瞬殺」である。6月15日に30万ケースの数量限定での販売を予定している。

フルオープンかつ自然発泡する新しいビール体験が話題になった「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」

従来の缶ビールの常識を覆す発想

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.