ニュース
» 2021年03月11日 09時00分 公開

個人視聴率をAIで予測して企業のテレビスポット買い付けを支援する「Spot-Navi AI版」AutoMLツールの「dotData」を活用

AutoMLツールの「dotData」を採用し予測精度を向上、企業の個人視聴率運用型テレビバイイングを強力に支援する。

[ITmedia マーケティング]

 ADKマーケティング・ソリューションズ(以下、ADK MS)は、AIを活用した独自のテレビスポット個人視聴率予測システム「Spot-Navi AI版」を提供開始したと発表した。

 同社は個人視聴率をKPIとした運用型テレビ広告バイイングサービス「Spot-Navi」を提供している。今回提供するサービスは、このSpot-Naviの予測ロジックを見直し、AutoML(自動機械学習)ベンダーdotDataが提供するAIソフトウェア「dotData」を活用したものだ。

 dotDataは日本国内ではNECが独占販売している。NECはdotDataを使ってさまざまなデータの中から予測に有効と思われるデータを整理し、効果的・効率的に扱えるようにしたデータ管理基盤の構築支援サービスを提供している。

 広告主はこれまでも、Spot-Naviを用いてテレビスポットのオンエア当日における世帯・個人全体や詳細な性年代別の毎分視聴率を予測し、スポットCMの買い付けを効率化させてきた。一方で昨今、視聴者のテレビ視聴傾向は急速に変化にしている。これにより、過去の視聴率傾向だけでは録画視聴も含めた視聴率を事前に予測することが難しくなってもいる。

 今回、Spot-Naviの予測ロジックにdotDataとNECの「データ管理基盤アジャイル構築サービス」を活用した新たな予測モデルを搭載することで、曜日や放送時間・時間帯、番組ジャンル、季節性、その他さまざまな要素を加味し、従来よりもさらに高度な視聴率予測が可能となった。

Spot-Navi概念図(出典:ADKマーケティング・ソリューションズ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.