調査リポート
» 2020年12月08日 23時00分 公開

「鬼滅の刃」最終巻発売日の書店への人の流れが午前7時から急増――クロスロケーションズ調査今日のリサーチ

位置情報ビッグデータからAIが推計した調査結果です。

[ITmedia マーケティング]

 位置情報データ活用プラットフォーム「Location AI Platform」を提供するクロスロケーションズは、同製品の機能である「デイリー来訪速報」と「アワリー来訪速報」を使用して、人気コミック「鬼滅の刃」最終巻(第23巻)の発売日(2020年12月4日)における書店周辺の人流変化を解析した調査報告を発表しました。

 調査対象となったのは東京23区内の書店586店舗および愛知県名古屋市内の書店170店舗、大阪府特別区内の書店210店舗の周辺地域です。12月4日における各書店への来訪数は同年11月の平均と比べ東京23区で114%、名古屋市で115%、大阪市で110%に増加しました。

大阪では8時台の人の流れが11月平均の2倍に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.