調査リポート
» 2020年12月04日 15時00分 公開

今日のリサーチ:2020年は“おうちクリスマス”が主流――NKB調査

コロナ禍が変えたクリスマスの過ごし方とは。

[ITmedia マーケティング]

 交通広告を主体に広告事業を展開するエヌケービー(NKB)は、2020 年のクリスマスシーズンの過ごし方について、1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の男女1200人を対象にインターネット調査を実施しました。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響はクリスマスの行動にも大きな影響を及ぼしているようです。2020年のクリスマスの過ごし方を訪ねたところ「家で過ごす/おそらく家で過ごす/家でも過ごす」と答えた人は全体の88.5%でした。「おでかけする/おでかけしたい/おでかけもしたい」と回答した人は全体の18.1%。20代では約3割がおでかけ意向を示しています。

「テイクアウトで豪華なおうちご飯」が人気

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.