調査リポート
» 2020年08月31日 23時00分 公開

今日のリサーチ:住民が「愛着」や「誇り」を感じる街 総合1位は「港区」――読売広告社「シビックプライドランキング2020」

関東圏では「港区」「文京区」「目黒区」、関西圏では「西宮市」「箕面市」「吹田市」が上位に。

[ITmedia マーケティング]

 読売広告社 都市生活研究所は、「シビックプライド調査 2020」を実施し、そのランキング集計の結果概要を発表しました。

 同社は2008年より都市に対する誇りや愛着を表す「シビックプライド」に関する研究を行っています。今回の調査対象になったのは関東圏(1都6県)と関西圏(2府4県)における住民人口10万人以上の自治体151自治体居住者(20〜64歳の男女)1万5100人(各自治体100人)。現在住んでいる街(自治体)に対する意識(愛着、誇り、共感、継続居住意向、他者推奨意向)や街の環境評価などについて聞いた結果、総合ランキング1位に輝いたのは東京都港区でした。

シビックプライドランキング

 先進性やステータス性といった面で注目される港区ですが、今回の調査では「街づくりに積極的に関与したい」「この街をもっとよい街にしたい」といった点でもトップ評価となっており、住民の街の在り方への意識(共感)が高いこともポイントとなっているようです。

 総合ランキング2位は兵庫県西宮市。文教住宅都市として教育環境が整っているだけでなく、文化・交通、買い物等の利便性もそろった西宮市は前回2018年調査でも上位グループでしたが、今回さらに順位を上げて2位となりました。

 

 その他、関東圏では東京23区が多く挙がった他、東京市部の武蔵野市や三鷹市、神奈川県横浜市、藤沢市、鎌倉市、関西圏では大阪府箕面市、吹田市、高槻市、兵庫県の神戸市などがランクインしました。総合ランキングトップ30と指標別トップ5は以下の通りです。

総合ランキングトップ30

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.