特集
» 2020年07月20日 20時00分 公開

ネイティブアプリから「スーパーアプリ+ミニアプリ」へ:「LINEミニアプリ」は何を変えるのか?

ミニアプリとは何か。これにより人々の生活はどう変わるのか。LINEが展開する新たなサービスの可能性について専門家が語った。

[織茂洋介,ITmedia マーケティング]

eBook 無料ダウンロード

LINE、Instagram、TikTok コロナ禍の中小企業が使えるサービスまとめ

コロナ禍で客足が戻らない中、大手SNSプラットプラットフォーム各社では、小さなビジネスが生き残るために必要な支援策を続々と展開しています。この無料eBookでは、LINE、Instagram/Facebook、TikTokの動向をまとめました。
(右の画像をクリックしてダウンロード)


 2020年7月、LINEは「LINEミニアプリ」のエントリー受け付けを開始した。これは、予約や注文、決済、会員証など、企業が提供したい自社サービスをコミュニケーションアプリ「LINE」上で展開できるようにするものだ。

 LINEミニアプリがあればユーザーは個別のアプリ(ネイティブアプリ)のダウンロードや煩雑な会員登録をすることなくサービスを利用できる。一方で企業は、サービスを利用するユーザーのLINEアカウントにひも付いた利用データを取得し、サービス改善やLINE公式アカウントを通じたマーケティング施策に活用できる。

 LINEミニアプリは2019年6月末の「LINE CONFERENCE 2019」で構想が発表され、既に一部の企業が試験的にサービスを提供し、以下のように一定の成果を挙げている(提供中のLINEミニアプリ/外部リンク)。

  • PAL CLOSET(会員証提示・ECショッピング):「3COINS」などを展開するPAL CLOSETが店頭の会員証発行およびオンラインショッピングでLINEミニアプリを導入。これにより新規会員数は導入前月比200%に。また、LINE公式アカウントの友だち数も導入1カ月で10万人増加し、ブロック率も減少。
  • Allbirds(店内入場の順番待ち):シューズブランドのAllbirdsが店内入場の順番待ちにLINEミニアプリを活用(ブレイブテクノロジー「matoca」を利用)。順番待ちユーザーの80%超がLINEミニアプリ経由に。
  • おくすり PASS FAST(処方箋事前受付):アイセイ薬局が提供する、スマートフォンで処方薬の予約ができる「おくすりPASS FAST」では、LINEミニアプリでのサービス利用者が既存のネイティブアプリを既に上回り、会員登録者数は約3倍、リピート利用の増加数は約8倍に。
  • スシロー受付/予約:あきんどスシローの回転すしチェーン「スシロー」の来店受付、予約。
  • クラシル(レシピ動画の配信やレシピ検索)
  • ジョルダン乗換案内(電車・バスなどの経路検索)
「LINEミニアプリ」先行事例の一例

ネイティブアプリから「スーパーアプリ+ミニアプリ」へ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

システムメンテナンスのお知らせ

8月8日(土)10時30分〜16時30分の間、システムメンテナンスのため、会員限定記事の一部表示や資料(ブックレット、ホワイトペーパーなど)のダウンロードなどが正常にできなくなる可能性があります。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。