ニュース
» 2020年04月13日 17時00分 公開

2年ぶりの新製品群:HubSpotが「CMS Hub」をリリース Webサイトを最適化してリードを取りやすく

「CMS Hub」を使うことでマーケティング担当者はエンジニアやIT部門の手を借りることなく必要なコンテンツを迅速に更新でき、トラフィックの向上と見込み客(リード)創出に最適化したWebサイトの構築、運用ができる。

[ITmedia マーケティング]

 HubSpot日本法人のHubSpot Japanは、既存の「Marketing Hub」「Sales Hub」「Service Hub」に続く新たな製品群(Hub)として、Webサイトのコンテンツ管理を行う「CMS Hub」の提供を開始した。

 HubSpotではこれまでもMarketing Hubのオプション機能として「HubSpot CMS」を提供してきたが、今回これを「CMS Hub Professional」と改称。さらに高度なWebサイト制作や管理が可能となる「CMS Hub Enterprise」をリリース。CMS Hubはこの2つの製品の総称となる。CMS Hub ProfessionaとCMS Hub Enterpriseの特徴はそれぞれ以下の通り(CMS Hub EnterpriseにはCMS Hub Professionalの全機能が含まれる)。

  • CMS Hub Professional
    • 安全性と信頼性を確保しながら、事業の成長フェーズに合わせたWebサイトを制作:CMS Hubで制作したWebサイトやコンテンツは世界各地に広がるHubSpotのデータセンターとコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を通じてホスティング・配信される。またWebサイトのセキュリティはエンタープライズレベルのWAF(Web Application Firewall)により24時間365日監視。Webサイト管理業務に伴う負荷を軽減しつつスピード、セキュリティ、信頼性が確保されたWebサイトの構築と運用を行うことができる。
    • マーケティング担当者自身が直感的にWebサイト上のコンテンツを更新:コンテンツのドラッグ&ドロップエディター、複数言語でのコンテンツ管理、あらかじめ用意されたWebサイトテーマやモジュールの利用など、CSSの知識やWebサイトデザインの経験、エンジニアの助力がなくとも、マーケティング担当者自身が素早くWebサイトを更新できる。
    • CMSをWebサイトトラフィックの向上とリード創出に活用:A/Bテスト機能、SEOアドバイス機能、アトリビューションレポートなどの機能により、ユーザーは恒常的にWebサイトのパフォーマンスを確認し、コンテンツを最適化できる。
    • HubSpotのオールインワンプラットフォームとの連携:無料のCRM(顧客管理)システム「HubSpot CRM」とリアルタイムで連携することで、 顧客の最新の状況(フォーム送信、チャットでの会話、ページ閲覧情報など)に基づいてWebサイト上に表示するコンテンツをパーソナライズする。また、Marketing Hub Sales Hub、 Service Hubの各製品との統合も簡単で、 見込み客・顧客とのタッチポイントおよび部署横断で顧客体験の向上に取り組むことができる。
    • 「コミュニケーション」機能を標準搭載:Webサイト上にWebチャットを設置して訪問者との接点を生み出せる。
  • CMS Hub Enterprise
    • 事業フェーズに応じたガバナンスの整備:Webサイト内の変更箇所、作業者、変更内容などのアクティビティーログの確認、コンテンツのパーティション化(特定のコンテンツにアクセスできるユーザーやチームの限定)、ユーザーの権限管理などの機能により、Webサイトの各コンテンツやレポートをどのユーザーが利用できるのかを管理できる。
    • サーバレス関数を利用したWebアプリケーションの構築:サーバレスの外部プログラムを実行してHubSpot CRMに格納された顧客データを基にメンバー制のWebサイトを構築。プログラムはサーバレス環境で実行されるため、ユーザー自身が外部サーバを設定したり、データを処理したり、SSL認証を取得したりする必要がない。
    • 複数ドメインの管理:キャンペーンやイベントの特設サイトなど、複数のドメインをCMS Hub Enterpriseソフトウェア上で一元管理し、レポートを作成できる。
ページ編集画面
閲覧者に合わせたページの出し分けが簡単に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.