特集
» 2020年01月31日 19時00分 公開

AlexaスキルLearning Dayレポート:Alexaが切り開くVUI(音声ユーザーインタフェース)の世界――アマゾンジャパンのキーパーソンが語る (1/2)

Amazonの音声アシスタント「Alexa」が作り出す新しいコミュニケーションの形とはどのようなものか。

[織茂洋介,ITmedia マーケティング]

 Amazon.comの日本法人であるアマゾンジャパンは2019年12月13日、Amazonの音声アシスタント「Alexa」に関する開発者向けイベント「Alexa スキル Learning Day Tokyo 2019」を開催。キーノートスピーチにはアマゾンジャパンの柳田晃嗣氏(アレクサ ビジネス本部 本部長)が登壇し、Alexaスキル機能や「Amazon Echo」シリーズの最新情報、そしてAlexaを通じてAmazonが目指す世界について語った。

アマゾンジャパンの柳田晃嗣氏

VUIをいつでもどこでも誰でも使うことのできる世界へ

 「Alexa Everywhere」

 これは柳田氏が所属するアレクサ ビジネス本部の英語での部署名であり、Amazonが掲げるビジョンでもある。

 「VUIをいつでもどこでも誰でも使うことのできる世界。持ち歩くというよりも行く先々にそれがあるイメージ」と柳田氏は語る。現時点でAlexaは15言語に対応し、80カ国以上で使われている。

 1997年にオンライン書店として出発して20年以上、Amazonは幅広く事業を拡大させてきたが、なぜ現在VUI(音声ユーザーインタフェース)の領域に注力するのか。

 その疑問に答えるヒントは「地球上で最もお客様を大切にする企業」というAmazonのミッションにある。

 インターネットは人々の生活を便利で豊かにした。スマートフォンの普及でそれが個人レベルにまで行き渡った。だが、それによって人々のニーズの全てが満たされたかといえばそうではない。

 スマートフォンに向き合いタッチパネルを触れればすぐに欲しい情報、欲しいコンテンツが手に入るのは素晴らしい体験だが、実際には忙しいとき、手が離せないとき、手を使えないとき、スマートフォンに触れてはいけないときもある。

 音声であれば、デバイスに触れず操作を考える必要もない。「愚直に究極のUIを探し続けた結果たどり着いたのがVUI」(柳田氏)であったというわけだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading