ニュース
» 2019年06月05日 01時00分 公開

ユーザーへの特典付与や審査プロセスの簡略化などに活用可能:ヤフーが信用スコアサービス提供へ

実証実験では、シェアサイクルの優良ユーザーの抽出と特別料金プランの提供、フリーランスと仕事発注者とのマッチング精度向上など、スコアの有効性を確認している。

[ITmedia マーケティング]

 ヤフーは、自社で保有するビッグデータから開発した独自のスコア「Yahoo!スコア」を活用できるビジネスソリューションサービスの提供を2019年7月1日より開始する。事業者向けの事前申し込み受け付けは既に開始している。

 Yahoo!スコアは、本人確認の度合い、信用行動度合い(注)、消費行動度合い、Yahoo! JAPAN利用度合いを測る4カテゴリーに属するスコアと、それらを集約した総合スコアで構成さる。事業者は、いずれか、もしくは複数のスコアを組み合わせて、Yahoo! JAPAN IDユーザーへの直接的・間接的便益提供のための活用が可能になる。Yahoo!スコアの利用に当たっては所定の審査と「Yahoo! ID連携」の導入が必要。

注:編集部で確認したところ、現時点ではQR・バーコード決済サービス「PayPay」の決済データとの連携はない。

 ヤフーは2018年10月より、パートナー企業とともにスコアを活用したパートナー企業のサービス利便性向上や課題解決、ユーザーに対する特典プログラムの実施などを図る実証実験を行ってきた。

 実証実験では、シェアサイクルの利用マナーが良いと推定されるユーザーの抽出と特別料金プランの提供、優良と推定されるフリーランスと仕事発注者のマッチング等を実現し、スコアの有効性を確認している。また、旅行予約の「一休」や自動車情報の「カービュー」、チケット販売サービスの「パスレボ」などヤフー関連サービスでもスコアの有効性が確認でき、活用に向けて検討を継続している。

 スコア活用事例には、以下のようなものがある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading