ニュース
» 2019年02月22日 18時00分 公開

ABMを支援:SalesTech領域でインティメート・マージャーとランドスケイプが連携

「Select DMP」と「uSonar」が連携

[ITmedia マーケティング]

 インティメート・マージャーは同社の「Select DMP」とランドスケイプの顧客データ統合ツール「uSonar(ユーソナー)」が連携を開始したと発表した。

 Select DMPは、国内最大級である4億7000万件のオーディエンスデータを活用したニーズ検知型企業リスト生成サービス。行動履歴分析により、これまで把握が困難だったクライアントニーズの発生タイミングを検知する。

 一方のuSonarは、顧客に関わるさまざまな情報を統合し、管理することができるクラウド型のCDI(Customer Data Integration)ツール。ランドスケイプのデータクレンジングにまつわるノウハウと日本全国(約820万拠点)の事業所に11桁の管理コードを採番したデータベース「LBC」を活用してターゲット企業の選定など効率的なABM(アカウントベースドマーケティング)を実現する。

スキーム図

 両ツールの連携により、uSonarから企業属性や顧客区分とインテントデータ(興味・関心データ)を掛け合わせてターゲット企業リストを抽出することが可能になった。

 例えば、売り上げ100億円以上の製造業である製品名やサービス名に興味関心がある未開拓企業リスト(優先アプローチデータ)や、ある競合サービスに興味関心がある既存企業リスト(離反予備群データ)などの抽出ができるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading