ニュース
» 2019年01月21日 17時00分 公開

出版業界の広告分野を活性化:大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業

大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販ストア」が保有する書籍分類、書誌データなどを活用した独自のDSPの提供を開始。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

大日本印刷 | 書店 | honto | 人工知能 | ネット広告


 大日本印刷(以下、DNP)は、ソネット・メディア・ネットワークス(以下、SMN)が提供するDSP「Logicad(ロジカド)」の広告枠買付・運用に関するパートナー契約を2018年12月に締結。これによりDNPは、DNPグループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販ストア」が保有する書籍分類、書誌データなどを活用したDNP独自のDSPの提供を、2019年1月21日より開始した。

 新サービスでは、それぞれのデータをSMNのAI(人工知能)「VALIS‐Engine」(ヴァリス−エンジン)で分析し、潜在的に生活者が興味・関心を持つ広告を高精度でタイムリーに提供。例えば、語学に関する書籍を閲覧している人は海外旅行や留学に関心が高いといったデータがあれば、推奨する旅行商品やMBAスクールなどの広告を掲出する。

サービスのイメージ《クリックで拡大》

 Logicadは、約0.003秒で膨大なデータ処理が可能であり、処理速度の遅延による広告出稿機会の損失を抑制する他、広告案件ごとに最適と予測した価格を瞬時に判断し大量の入札リクエストに応札することができるのも特徴だ。

 両社は本サービスを通じて出版業界の広告分野の活性化を図るとともに、他業界への展開も進めていき、2021年度までに40社のサービス導入を目指す。今後は「出版プライベートマーケットプレイス(PMP)」を構築することで、出版社の持つプレミアムなWebメディアのさらなる収益化支援と、書店や生活者への需要喚起を図っていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading