ニュース
» 2018年10月03日 20時00分 公開

ブランドセーフティーへの取り組みを強化:マイクロアド、「BrandSAFE list」の提供を開始

マイクロアドは、DSP「MicroAd BLADE」において、新たに「BrandSAFE list」の提供を開始した。

[ITmedia マーケティング]

 マイクロアドは、DSPサービス「MicroAd BLADE」において、広告取引の健全性・安全性を強化するため、ブランドセーフティーへの取り組みとして新たに「BrandSAFE list」の提供を開始した。これにより、広告主はブランド毀損に配慮した広告配信を行うことが可能になる。

 BrandSAFE listは、マイクロアドが広告配信先の中から法人運営メディアのみを選定し、さらに個々のメディアに対して、目視確認による審査を行ったドメインリスト。MicroAd BLADEではこれまでも、任意のドメインやURLを登録する事で配信先の制御を可能にするブラックリスト並びにホワイトリスト機能を提供してきたが、BrandSAFE listを利用することで、より確かなブランド毀損リスクへの対応が可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading