調査リポート
» 2018年09月12日 11時00分 公開

今日のリサーチ:日本の音声技術普及率、アジア太平洋市場の中では低調――iProspect調べ

スマートフォンの音声技術はどこまで普及しているのでしょうか。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

調査 | スマートスピーカー | 音声認識


 電通の海外本社である電通イージス・ネットワークのデジタルマーケティングエージェンシーのiProspectは、スマートフォンユーザーを対象に音声技術の利用目的とその利用率を調査し、その結果を「The Future is Voice Activated −未来は音声認識−」として発表しました。同調査はアジア太平洋地域(日本、中国、インド、インドネシア、シンガポール、オーストラリア)の6カ国で、18〜50歳のスマートフォンユーザー1800人超を対象に2018年4月に実施したもので、音声技術(音声検索、音声認識、音声対応アプリなどを含む)の利用状況について聞いています。

 その結果、「過去6カ月以内に音声認識機能を使用した」と回答した人は全体の62%で、中でも「インド」(82%)と「中国」(77%)での使用が多いことが分かりました。

日本では「一度も音声技術を使用したことがない」人が3割

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading