調査リポート
» 2018年04月03日 09時00分 公開

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):5年後の日本を指し示す「ITロードマップ」とは?――野村総合研究所

野村総合研究所が発表した『ITロードマップ2018年版』から、今後5年における重要技術トレンドを紹介します。

[小笠原由依,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

調査 | 野村総合研究所


ITロードマップ2018年版 『ITロードマップ2018年版』(東洋経済新報社)

 野村総合研究所(以下、NRI)は、今後5年間の技術予測についてまとめた『ITロードマップ2018年版』(東洋経済新報社)を発刊しました。同書には、これからのビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられる情報通信関連の重要技術が、どのように進展し、実用化されるかがまとめられています。具体的には人工知能(AI)やAIアシスタントデバイス、エンタープライズ・チャットプラットフォーム、VR(Virtual Reality:仮想現実)とAR(Augmented Reality:拡張現実)、量子コンピュータ、金融×AI(金融分野におけるAI活用)、ロボ・アドバイザー2.0、マーケティング×AI(マーケティング分野におけるAI活用)の8つの技術を取り上げています。

これだけは押さえておきたい、今後5年の重要ITトレンド

 NRIでは、今後5年の重要技術トレンドとして、5つのトピックを挙げています。ここでは簡単にその内容を紹介します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading