ニュース
» 2017年07月03日 18時00分 UPDATE

分析からコンテンツ制作、配信まで提供:リボルバー、「dino」活用メディアのオーディエンスデータを用いた広告商品開発と運用代行サービスを開始

リボルバーはクラウド型メディアCMS「dino」を活用するメディアのオーディエンスデータを活用したパブリッシャートレーディングデスクサービスを提供開始した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

広告 | ネット広告 | オウンドメディア


《クリックで拡大》

 メディア企業やオウンドメディアを推進する一般企業向けにクラウド型CMS「dino」を提供するリボルバーは2017年7月3日、dinoを活用する50以上のメディアのオーディエンスデータを活用して他媒体の在庫などへの広告配信を行う広告商品開発・運用代行サービス(パブリッシャートレーディングデスク)「dPTD(dino Publisher Trading Desk)」 の提供を開始した。

 dPTDでは、dinoを活用する媒体社のデータに加え、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)が開発・提供するDMP(データマネジメントプラットフォーム)「AudienceOne」 を採用することで、詳細かつ正確なユーザーセグメントを設定し、最適なコンテンツ制作や広告配信をクライアントに提案する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading