連載
» 2015年04月24日 08時00分 UPDATE

【連載】誰も教えてくれなかったCCCM導入にまつわる「お金の話」 第1回:ライセンス費用だけじゃない! CCCM導入/運用に必要なコストの全体像

クロスチャネル・キャンペーンマネジメント(CCCM)導入に結局いくら掛かるのでしょうか? まずは気になるコストの全体像から見ていきましょう。

[大倉智子,ディレクタス]

 顧客データベースやWebアクセスログ、購入履歴などのデータソースを統合し、顧客のステージに合わせたキャンペーンの実施を可能にするクロスチャネル・キャンペーンマネジメント(CCCM)。その導入の実際について、私たちは「やってみて分かった! CCCM導入方法と注意点」において、2014年8〜11月まで4回にわたって解説しました。

 ユーザーアクションに応じたOne-to-One施策をクロスチャネルで展開するために、CCCM導入を具体的に検討する企業はますます増えています。検討の際、重要な要素として挙げられるのはコストです。導入効果を最大化するためには、運用フェーズまで視野に入れて予算やリソースを確保する必要があります。そこで、私たちがここ数年で複数のCCCMを導入した経験から、実際に必要となるコストの種類やリソース獲得に当たって考慮すべきポイントを全4回にわたって連載します。

全体像の把握が難しいCCCMのコスト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by