ニュース
» 2014年10月27日 16時00分 UPDATE

複数言語、明細レベルまで対応:日欧商事、イタリアワインの輸入販売分析ツールに「QlikView」を導入

アシストは10月27日、同社が取り扱う連想型高速インメモリBIツール「QlikView」(クリックテック・ジャパン)を日欧商事に導入したことを発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 日欧商事はイタリア食材を扱う輸入商社で、今回のQlikViewはワインの輸入販売分析システムとして採用したもの。導入にあたってはネクステージ コンサルティングと共同で行い、2014年2月にカットオーバーしたという。

 日欧商事では従来よりBIツールを利用して取引分析を行っていたが、エンドユーザー側より「使いこなせない」「月次集計データしか扱えない」「英語対応しておらず、英文での報告書作成ができない」などの不満が寄せられていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading