ニュース
» 2014年05月30日 12時55分 UPDATE

全世界の4割まで拡大:2018年、Twitterユーザーはアジア圏にシフト?

今後4年間でTwitterのユーザー割合分布が変わりそうだ。主流の北米/欧州のシェアが落ちる一方で、アジア/太平洋ユーザーの割合が増加するという。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

Twitter | アジア | 調査


 2014年5月28日にClickZ.comに掲載された記事“40% of Twitter Users Will Be in Asia-Pacific by 2018 [Study]”(「調査結果:2018年、Twitterユーザーの4割はアジア太平洋に」)で報じている。

 2013年におけるTwitterユーザーの割合分布を見ると、北米地域26.0%、欧州が18.1%、アジア太平洋地域は30.5%、その他ラテンアメリカ地域/中欧/東欧地域/中東/アフリカで10%超〜7%弱というシェアとなっている。

 調査を行ったeMartketerによると、2014年には北米/欧州のシェアが落ちる一方で、その他の地域ではユーザー数が増加し、特にアジア太平洋地域は2018年には4割のユーザーが集中すると見られている。なお、中国でTwitterが正式リリースされれば、この割合はさらに増大するという見方もある。

 今後4〜5年、Twitterをベースにしたソーシャルマーケティングの効果が最も現れるのは、アジア市場といえそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading