ニュース
» 2014年02月28日 13時43分 UPDATE

誰もが足を止める:子どもから大人まで惹き付けるスウェーデンのデジタルサイネージ広告

髪が逆立つ地下鉄広告、競合企業を吹き飛ばす――。スウェーデンのドラッグストア・ブランド「Apotek」が地下鉄構内で展開しているサイネージ広告が話題となっている。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

広告 | デジタルサイネージ | 動画 | 超音波


 Apotek のサイネージ広告について、Mashableが2014年2月26日、記事で、“Hair-Raising Subway Ad Blows Away the Competition”(「髪が逆立つ地下鉄広告、競合企業を吹き飛ばす」)と紹介している。

 これはApotekが提供するヘアスタイリング剤の広告。特殊な超音波センサを利用し、ホームに入ってきた地下鉄を感知し、そのスピードに合わせて女性の長い髪がなびくというもので、キャッチコピーは「あなたの髪を生き返らせる」。ユニークな点は、IKEAで使われているビルボードを用いていること。これは異なる3つのメッセージを強調するために赤、青、緑のライトで交互に照らすもので、スペースを最大化する効果がある。

 上記の動画によると、ホームを歩いていた人も足を止めて広告に見入っている。Mashableではこの広告について、「テクノロジを活用し、メディアの限界を超えた表現」と絶賛している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by