ニュース
» 2012年08月29日 13時30分 UPDATE

BtoBマーケティング活動状況に関するアンケート調査:国内のBtoBマーケティング領域、リード評価や育成に課題、シャノン

シャノンは8月29日、マーケティング/販促担当者を対象としたアンケート調査の結果を発表した。国内のBtoBマーケティング領域においては、リードの評価や育成に課題があると指摘する。

[ITmedia]

BtoB企業が最も投資しているマーケティング施策は「メールマガジンの配信」

 BtoB企業が現在最も投資しているマーケティング施策は、昨年の「展示会出展」から「メールマガジンの配信」へと変動が見られた。また、昨年と比較すると、メール配信システムを導入する企業が大幅に増加していることも分かった。

shanon_news01.png

 一方、2〜4位まではセミナー開催や展示会出展などのオフライン施策が占め、BtoB企業においてオフラインのタッチポイントを活用した施策もいまだ主流であることが分かった。また、その他の施策もまんべんなく増加しており、全体的に増加傾向にある。

半数以上が獲得リードを営業に連携する一方、「リードの評価を行っていない」が半数に上ることが判明

 営業部門との連携状況について問う質問に対して、約半数が獲得したリードを営業に連携していると回答した。

shanon_news02.png

 しかし、リードを評価しているかという問いに対しては、「している」「していない」の回答がほぼ半数に分かれ、精度の高いリードを営業に提供ができているかには疑問が残る結果となった。

マーケティングの成果を向上させるための手法として注目を集める「リード育成」に興味あるが約8割

 「リード育成」に関して、「興味がある」もしくは「実施している」という回答が8割に上り、「リード育成」が注目を集めていることが分かった。一方、6割が「興味はあるが実施できていない」と回答している。

shanon_news03.png

シャノンによる「BtoBマーケティング活動状況に関するアンケート調査」概要

  • 目的:BtoB企業におけるマーケティング活動の現状と課題の抽出
  • 方法:Webによるアンケート
  • 調査対象:マーケティング/販促担当者
  • 調査期間:2012年6月7日〜6月21日
  • 回答者数:220

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading