ニュース
» 2018年12月06日 20時00分 公開

サードパーティーデータの選択肢が拡大:Adobe Audience Manager Audience Marketplaceのデータプロバイダーに新たに4社が参画

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」のデータプロバイダーに新たに4社が参画した。

[ITmedia マーケティング]

 アドビ システムズは2018年12月6日、「Adobe Audience Manager Audience Marketplace(以下、Audience Marketplace)」のデータプロバイダーに新たに以下の4社が参画することを発表した(50音順。順次提供開始予定)。

社名 提供情報
GMOリサーチ モニター属性情報(性別、年齢、職業、居住地、未既婚、子供有無、年収など)
ビデオリサーチ モニター属性情報(デモグラフィック属性、テレビをはじめとするオフラインメディアの接触・関与など)
ブログウォッチャー「Profile Passport」 広告セグメントデータ(勤務エリア、居住エリア、興味関心、店舗への来店状況など粒度の細かい地域セグメント)
楽天インサイト モニター属性情報(性別、年齢、職業、居住地、未既婚、子供有無、年収など)

 Audience Marketplaceは、「Adobe Analytics Cloud」のデータ管理プラットフォーム(DMP)である「Adobe Audience Manager」を通じて、同社の提携データプロバイダーとデータ流通・売買を可能にする機能。日本市場では2018年7月にサービス提供を開始した(関連記事:「アドビがデータ流通と売買を実現するマーケットプレースを提供、KDDIの事例では集客コストを大幅削減」)。

 今回4社が参画したことで、国内のデータプロバイダーは先に発表した7社を含む合計11社となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading