ニュース
» 2018年03月29日 19時00分 公開

「共感」獲得へニュース化を促進:クラウドファンディングの「Readyfor」と連携、PR TIMESがプロジェクト実行者のPR支援を開始

PR TIMESは、クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFORと業務提携契約を締結した。

[ITmedia マーケティング]

 プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営するPR TIMESは2018年3月28日、クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFORと業務提携契約を締結し、Readyforにおけるのクラウドファンディングプロジェクト実行者へのPR支援を開始した。

 資金調達手段の1つであるクラウドファンディング市場が拡大する中、購入型クラウドファンディングで多くの「共感」を得るには、実行者が主体となって積極的に情報発信することが必要になる。一方で自身の知人・友人を超えてアイデアや理念をうまく伝えられない人もいる。そこで、「PR TIMES」を有償で1度利用したことのあるプロジェクト実行者を対象に2配信目を無償で提供し(1配信目から2年以内に2配信目を配信する場合に有効)、目標金額の達成やプロジェクトに新しい動きがあるタイミングでプレスリリース配信を行うことで、ステークホルダーに対して新たな情報接点を作る機会の創出を促す(初回と3配信目以降は、1配信ごとに税別3万円の利用料金が必要)。

 対象となるには、以下の条件を満たす必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading