ニュース
» 2017年04月24日 15時00分 UPDATE

富士経済が調査:国内通販市場は2017年に10兆円超え、ECが8割を占める

富士経済は、ECへ集約しながら成長を続ける国内の通販市場(B2Cの物販)を調査、分析した結果を報告書にまとめた。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

富士経済 | 調査 | Amazon | eコマース | ECサイト


 市場調査を手掛ける富士経済は、国内のB2C通販市場を通販形態別および商品カテゴリー別に調査、分析した結果を報告書「通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2017」にまとめた。

 2016年における国内通販市場全体の規模は9兆5292億円、2017年には10兆円超が予測される。通販形態別にみると、2000年以降実店舗から需要を取り込み伸び続けるECが市場拡大をけん引している。2016年のEC市場は前年比11.8%増の7兆6099億円。2017年は前年比8.5%増の8兆2571億円が予測されるという。

 受注が伸びているのはスマートフォンやタブレット端末向けサイト。一方でPC向けサイト経由の伸びは鈍化している。カタログ通販、テレビ通販、ラジオ通販はECへの需要シフトにより苦戦が続いている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading