コラム
» 2016年04月24日 07時00分 UPDATE

ドローンウォッチャーが読み説くアドテク企業の新事業:ドローンでスマートフォンの次のメディアを作るという“ハイパー”な発想 (1/2)

マイクロアドがドローンを使って仕掛ける新メディア事業「Sky Magic」。これを「斜め上を行く発想」と評するのは、ドローンに関する著書のあるコンサルタント小林啓倫氏。何が画期的なのか。

[小林啓倫,日立コンサルティング]

 2016年4月20日、アドネットワーク事業を手掛けるマイクロアドが、新事業「Sky Magic(スカイマジック)」に関する発表会が行った。会場として選ばれたのは、東京ディズニーリゾート内にある舞浜アンフィシアター。この場所にふさわしい、夢にあふれた技術とサービスが披露された。

 Sky Magicは、LEDを搭載した複数のドローンを宙に飛ばし、その動きとLEDの発光を制御することで、これまでにない視覚演出を実現するというプロジェクト。野外フェスやスタジアムなどで展開し、音楽やパフォーマンスに合わせて空を彩るといった使い方が想定されている。

 発表会ではデモンストレーションとして、富士山麓で撮影された映像が公開された(以下のYouTube動画がそれと同じもの)。

 このプロジェクトの画期的なポイントを、以下に読み解いていこう。

テクノロジーがエンターテインメントを進化させる

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading