まとめ
» 2016年03月19日 07時00分 UPDATE

週刊「調査のチカラ」:SNSで「昔の恋人」を探したことはありますか?

スマホゲームの市場規模からフィンテック市場の成長予測、職場でのお花見にSNSでの昔の恋人探しと、ビジネスからプライベートまで、今週も気になる調査データを集めました。

[やまもとはるみ,ITmedia マーケティング]

 陽気も少しずつ暖かになり心躍る季節ですが、一方で春はお別れの季節でもあります。卒業だけが理由でしょうかと、家に閉じこもってスマホ片手にゲームにのめり込んで現実逃避というのも1つの青春の在り方。でも、新生活に備えて心機一転、情報収集にいそしんでみるのもいいのでは。フィンテックなど最新のビジネストレンドを押さえておけば、職場でも一目置かれるはず。でも花見の場所取りだけは逃れられないし……。そんなあなたに(どんなだ)お勧めのトピックを、「調査のチカラ」8万件のストックからえりすぐってお届けします。資料作りや商談の場の小ネタに、どうぞご活用ください。

2014年度の国内スマホゲーム市場は8950億円、前年度の1.6倍に伸長

 矢野経済研究所が国内主要スマートフォンゲームメーカーを対象に実施した調査によると、2014年度の国内スマホゲーム市場規模(メーカー売上金額ベース)は、前年度比159.8%の8950億円と、大幅な伸びとなりました。2011年度には480億円程度だったスマホゲームの市場規模は、この4年の間に急拡大しています。2012年リリースの「パズル&ドラゴンズ」、2013年リリースの「モンスターストライク」などのゲームアプリの人気が継続し、市場を大きくけん引しました。矢野経済研究所では、2015年度以降も市場は安定的に成長を続け、2016年度の国内スマホゲーム市場規模は9450億円に達すると予測。国内スマホ市場は成熟期に入り、海外市場への活路を見いだすことが予想されます。

国内フィンテック市場規模、2020年度には約568億円に拡大と予測

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by