ニュース
» 2016年03月09日 13時30分 UPDATE

アンケート回答者の興味関心をランキングデータ形式で把握可能に:インティメート・マージャーのDMPがGMOリサーチのリサーチパネルと連係

DMP事業大手のインティメート・マージャーは、同社が提供する「AudienceSearch(オーディエンスサーチ)」とGMOリサーチのリサーチパネル「Cloud Panel for Audience Tracking(CPAT)」との連係開始を発表した。

[ITmedia マーケティング]

 DMP専業のインティメート・マージャーとGMOインターネットグループのGMOリサーチは、インティメート・マージャーのパブリックDMP「AudienceSearch」とGMOリサーチのリサーチパネル「Cloud Panel for Audience Tracking(以下、CPAT)」を2016年3月8日より連係開始すると発表した。

 約4億件のオーディエンスデータ(Cookieのデータを基に個人を特定しないかたちで収集した、ユーザーのWeb行動履歴や属性データ)を保有するAudienceSearchとCPATが連係することで、CPATのモニターにアンケートを実施すると、回答結果だけでなく回答者のオーディエンスデータもAudienceSearchから抽出することが可能になった。アンケート回答データに加え、アンケート回答者のオーディエンスデータをもとに興味関心の高い情報が一目で分かるランキング形式で提供されることとなり、アンケートを実施する企業のマーケティング施策でのデータ活用の幅を広げられるという。

 利用にはGMOリサーチへのアンケート発注が必要。料金は個別に見積もりとなる。参考価格はアンケート回答データ+頻出キーワードランキングご納品で30万円から(税別)

mmyo0309im.jpg サービス連係イメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by