ニュース
» 2014年05月23日 13時41分 UPDATE

指標設定のこつ:メールマーケティングの成果はどう定義すべきか (1/2)

メールマーケティングは、ユーザーの行動を細かく把握できるため、それが欠点となってメールマーケティングの成功/失敗を判断しにくくなっている。どのような基準で判断すればいいのだろうか。3つのヒントをお伝えする。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

メールマーケティング | 売上 | 失敗


 デジタルマーケティングのメリットの1つは、ユーザーの行動をトラッキングできること。例えばメールマーケティングならば、誰がいつメールを開封したのか、掲載されているリンクをいつクリックしたのか、また次にどのページに進み、どのルートをたどって購買/離脱に至ったのか、事前にタグなどを仕込んでおけばトラッキングできてしまう。

news140523_02.jpg

 その一方、弊害もある。それはこうしたデータの洪水におぼれ、そもそもの施策の目的を見失ってしまうことだ。例えば、当初はメールからランディングページへの誘導を目的にしていたはずなのに、購買率の低さにがくぜんとし、失敗と決め付ける。購買率は高かったが、そもそもメールの開封率が低かったので素直に喜べない。データが見える分、どこにKPIを設ければ良いか分からなくなってしまう。2014年5月19日にClickZ.comに掲載された記事“Defining Success for Email Programs”(「Eメールプログラムの成果を定義する」)では、こうした問題に警鐘を鳴らし、メールマーケティングの成果を3つに絞って考えている。具体的には(1)エンゲージメント率(2)収益(3)ユーザー行動の促進 ―― の3点だ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by