ニュース
» 2014年02月05日 15時17分 UPDATE

紅葉の色づき具合も:セールスフォース、軽井沢・白糸ハイランドウェイ事例を発表――Salesforce1で快適なドライブ体験

セールスフォース・ドットコムは2月4日、軽井沢・白糸ハイランドウェイのSalesfoce1導入事例を発表した。白糸ハイランドウェイは、長野県/旧軽井沢から群馬県の万座/嬬恋方面、また草津温泉をつなぐ有料道路を運営する民間企業。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 「白糸の滝」や「竜返しの滝」などの観光名所を抱える白糸ハイランドウェイは、年間30万台の通行量を誇る10kmの有料道路。運営会社は以前、通行車両の情報を台帳に記録していたという。そんな同社は2012年、業務の効率化と「利用者とのコミュニケーションを大切にしたい」という目的でSalesforceを導入。これによりタブレット端末でデータの蓄積が可能になり、時間別や季節別の利用動向を分析することで、売り上げ予測や、混雑状況を反映したシフト作成を実現したという。日々の集計業務の効率化も可能になったほか、国土交通省へ報告する通行台数や料金についてもこのデータを活用している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading