ニュース
» 2013年03月11日 08時18分 UPDATE

【連載】高広伯彦が聞くソーシャルメディアとマーケティングの今後:第5回 専門雑誌かFacebookか、ワインファンにリーチできるプロモーションの模索――リーデル・ジャパン (1/2)

250年以上の歴史を誇るワイングラスの名門ブランド「RIEDEL(リーデル)」。ワインファンの心をつかむコミュニケーションの秘訣について、スケダチの高広伯彦氏がRSN JAPAN マーケティング部 デジタルマーケティング プロジェクトリーダー 西村敏雄氏に聞く。

[高広伯彦(聞き手)、梅田カズヒコ(構成),ITmedia マーケティング]

ビールと麦チョコのマリアージュでグラスが売れた

riedel01.jpg 高広伯彦氏/1996年、博報堂入社。出版営業局を経てインタラクティブ局で、メディア開発、インタラクティブマーケティング領域の業務に従事。iメディア局ではコンテンツ開発やビジネス開発を行う。2004年に電通に転職し、「牛乳に相談だ。」キャンペーンなどを手がける。その後、Googleに入社。AdWordsの日本におけるマーケティングや、YouTubeの広告ビジネスの日本導入などを手がける。2009年に独立し、コミュニケーションプラニングを専門に手がける「株式会社スケダチ」の代表として企業のコミュニケーションを企画する。2012年8月には日本初のインバウンドマーケティングエージェンシー「株式会社マーケティングエンジン」を設立した。著書に「次世代コミュニケーションプランニング」など。

高広伯彦氏(以下、高広) リーデルさんの本社はオーストリアですか?

西村敏雄氏(以下、西村) そうです。ただ、最も大きな市場はアメリカ合衆国です。英語版のFacebookページは頻繁に更新されていますし、Riedel Crystal of AmericaのCEOであるMaximilian Riedelのページも5万8261人のファンがいます。Facebookのファン数でアメリカに次いで多いのが、リーデル・ジャパンが運営する日本語版です。

高広 英語版が6万9000人強、日本語版が6万2000人強。(2月7日現在)拮抗していますね。アメリカのFacebook人口の総数を考えると、リーデル・ジャパンはFacebookをうまく活用している感じがします。

西村 そうですね。

高広 僕はリーデル・ジャパンのFacebookページに漂う雰囲気が好きなんですよ。僕の(Facebookの)友人のうち、115人が「いいね!」をしています。

 ところで、西村さんが印象に残っているFacebook投稿にはどんなものがありますか。

西村 “数字が動いた”という意味では、ギネスビールを麦チョコと合わせて飲むという投稿です。

riedel05.jpg

高広 わりと最近の投稿ですね。

西村 はい、2012年12月14日の投稿です。売り上げに大きな影響がありました。通常、12月というのは季節的にビールグラスはそれほど売れないのですが、この投稿があった週は(写真の)ビールグラスが前週の4倍ほど売れ、ビールグラスと一緒にお買い求めいただいた商品も含めた売り上げとしては10倍弱となりました

 ビールと麦チョコという組み合わせが、ワインより試しやすいと思っていただけたんでしょうか。このビールグラスは単価が3150円なので、弊社のなかでは買いやすい部類のグラスだったこともポイントだと思います。

riedel02.jpg RSN JAPAN マーケティング部 デジタルマーケティング プロジェクトリーダー 西村敏雄氏

高広 この投稿の面白いところはビールグラスを紹介していないところですね。メインはあくまでビールと麦チョコ。なのに売り上げ増という結果が出た。

西村 もちろん商品サイトへのリンクは貼っていますが、基本的には担当者がやってみて楽しかった、美味しかったというだけです。そこがお客さまに共感していただけたんでしょうね。

高広 他にもこういった事例はありますか?

西村 (2012年の)夏にプレステージ・シャンパーニュを使った2万円ぐらいのセミナーを行いました。最初は雑誌で広告を出したのですが、14名枠に7名程度の集客でした。ところがFacebookでグラスをいくつか並べて、「どのグラスだとこのシャンパンを美味しく飲めると思いますか?」と質問形式にして、「興味がある方はセミナーへ」と投稿しました。結果的に、数日で38名もの人が集まり、定員オーバーになったので、抽選という形になりました。

高広 僕もリーデル・ジャパンのFacebookページは見ていますが、欲を言えば限定商品がFacebookを通じて買えるといいな、と思います。スターバックスとのダブルネームのグラスはとても欲しかった。

riedel06.jpg

西村 本社のブログで発見して、僕らもびっくりしたんですよ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


news003.jpg
【連載】次世代エンタテインメントマーケティング 第3回:

高野修平 2016年5月2日

ドローンウォッチャーが読み説くアドテク企業の新事業:

小林啓倫 2016年4月24日

【連載】コンテンツマーケティングの“HARD THINGS”に立ち向かう 第1回:

成田幸久 2016年4月22日

アプリ対応自販機で「買う」「飲む」「楽しむ」の新体験:

大類賢一 2016年4月7日

B2B営業を成果につなぐブランド戦略:

山口義宏 2016年3月30日

news084.jpg
非利用者も約半数が「興味あり」:

 2016年4月22日

【連載】初めての競合分析 第1回:

山屋 豪 2016年4月14日

【連載】ソーシャルゲームに学ぶ「攻め」のデータ分析 第2回:

伊藤 学 2016年4月13日

クラウドサービスとパッケージで:

織茂洋介 2016年3月31日

【連載】MROCでリアルタイムにユーザーの本音を引き出す 第5回:

坂本 千映子,金谷朋子 2016年2月23日

news017.jpg
「テラスモール湘南」実証実験をレポート:

織茂洋介 2016年5月4日

スマートフォンアプリ広告の新潮流(中編):

侯 明昊 2016年4月28日

国内4億UUのオーディエンスデータを活用:

織茂洋介 2016年4月13日

スマートフォンアプリ広告の新潮流(前編):

侯 明昊 2016年3月29日

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第79回:

中井千尋 2016年3月28日

news042.jpg
【連載】インターネット時代の企業PR 第42回:

細川一成 2016年4月18日

“Facebookファースト”で考える(後編):

佐藤俊介 2016年3月25日

“Facebookファースト”で考える(前編):

佐藤俊介 2016年3月24日

【連載】インターネット時代の企業PR 第41回:

細川一成 2016年3月14日

【連載】熊坂仁美の「Instagramをビジネスに活用するヒント」 第6回:

熊坂仁美 2016年2月22日

news024.jpg
【連載】オウンドメディアで企業のブランド価値を高める 第5回:

後藤 洋 2016年4月5日

トライベック・ブランド戦略研究所が調査:

 2016年3月18日

【連載】オウンドメディアで企業のブランド価値を高める 第4回:

後藤 洋 2016年2月4日

【連載】ポスト「モバイルゲドン」のスマホサイト 第6回:

占部雅一 2015年12月25日

【連載】オウンドメディアで企業のブランド価値を高める 第3回:

後藤 洋 2015年12月16日

Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧