調査リポート
» 2018年05月01日 08時00分 公開

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):ジャパンブランドは圧倒的に「高性能」だが「人気がある」イメージでは中韓との差はわずか――電通調査

電通が20カ国・地域で「ジャパンブランド調査2018」を実施しました。日本や日本産品の海外でのイメージはどう変わってきているのでしょうか。

[ITmedia マーケティング]

 電通は「クールジャパン」関連事業の一環として、2018年1〜2月に20カ国・地域(注)で「ジャパンブランド調査2018」を実施しました。

 同調査は2011年より対象エリアやサンプル数、設問項目を追加しながら継続的に行っているもので、親日度(日本に対する好意度)や訪日旅行意向、訪問地域とその理由、日本産品に対する興味・関心やイメージなどに関する詳細データと知見の収集を目的としています。

 「日本のことが好きな国・地域」は台湾、タイ、フィリピン、ベトナムが同率1位。訪日意向のトップは前回と変わらずフィリピンで、アジア諸国が上位を占めました。また、訪日旅行スタイルでは、「SNS映えするフォトスポットをまわる」が2年連続でランクインしています。

注:中国(グループA=北京、上海、広州、グループB=深セン、天津、重慶、蘇州、武漢、成都、杭州、大連、西安、青島)、香港、台湾、韓国、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ(北東部・中西部・南部・西部)、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア

日本製品は「おシャレ」か? 「人気がある」か?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading